FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝

寝るとき、僕はなぜかうつ伏せで寝ます。小さい頃から多分そうだったと思います。
顔を枕にべったりとくっつけて、息はどこでするんですか?って体勢で。

それが最近、ユウリも同じ体勢で寝るところを度々目撃します。
愛くるしい姿です。

あと、口をポカーンとあけて寝ます。これも僕そっくりです。

CA3C0028.jpg

ユウリはカワイイですが、おじさんの僕は多分キモいです。


みなさまのクリックが励みになります! Yuuri Days 応援クリックよろしくお願いします♪
【Yuuri Days】の応援ポチ よろしくです♪ 【Yuuri Days】の応援ポチ よろしくです♪ 【Yuuri Days】の応援ポチ よろしくです♪



今回は、おまけ話としてちょっと続けさせていただきます。無駄話。

ユウリが生まれた2009年10月から、政府は緊急の少子化対策として出産の経済的負担を軽減させるという目的を掲げ出産育児一時金の支給額を38万円から42万円に引き上げました。
僕らにとって4万円の増額は、本当に助かるなぁと思っていました。

そんな矢先、病院に貼りだしてあった通達を見て目を疑いました。
「2009年10月1日より、出産費は4万円値上がりします。」です。
少子化対策として増額した分をきっちり持っていきます。というわけです。
剥がしたら裏に「気に入らなければ、どうぞ値上げしていない病院で出産してください。」とでも書いてあるんじゃないか?なんて皮肉交じりに思いました。

確かに、この病院を選択したのは自分たちだし、もともと勝手に増えた分なのだから持っていかれても腹は痛くないわけですが、なんだか釈然としない気分でした。
同じような経験をされた方もみえるんじゃないでしょうか?

きっかけは、政府の事業仕分け関連のニュースでした。
第一弾として独立行政法人を対象に行なわれた仕分けのその後を番組が追跡調査したところ、20%の削減を申し付けられた国交省管轄の独立行政法人において、天下った元官僚の役員への報酬は据え置きながら、毎日実施されていた落下物除去などの道路清掃作業の回数を半分の2日に1度へ減らし、それに伴い半分の作業者のリストラ(仕事が半分に減ったため)を実施。以上の施策により20%削減を実現しましたといっているが、どう思われますか?といった内容でした。

この二つの話を考えると、ただ弱者から金を巻き上げているだけ。としか思えないのは僕だけでしょうか?
妊娠している人は犬や猫みたいに公園のベンチの下で出産するわけにはいかないのだから、どこかの医療機関を頼るしかないわけです。
その医療機関から、あなたの増えた取り分をよこせといわれたら逆らえないでしょう。
自分たちの取り分だけは確保する為に、目下の人間に「明日からお前の仕事は減らしたから来なくていい」といわれたら逆らえないでしょう。

こんな仕組みの中で、額に汗して働いて、正直に生きることが大切なんだよ。と子供に教えられません。根拠がないのですから。
子供には、弱者から奪う側に立ってもらいたいと本気で思っています。

本日、鳩だか烏だか総理大臣が辞職され、またこの国は新しい総理大臣が誕生します。
見栄えのいい理想論を掲げ、それもまた竜頭蛇尾に終わっていくのでしょう。
ま、「短期アルバイト総理大臣」だから、期待しても無駄ですが。

ダラダラと長文ゴメンなさい。読んでくれた方ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

■ Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

hiro

Author:hiro
Hiroパパ
親バカでバカな親
最近、カメラな親でもある
ITの世界に指の先で何とか引っかかってもがいてます(もう落ちそう;;)
写真はパパ

photohito よろしく
Nikon D80にて撮影した写真を掲載しております。ブログに掲載した写真意外にもいくつか掲載しているので、もしよろしければ見てください。

PHOTOHITOブログパーツ


最近の記事
最近のコメント
ユウリは何歳?
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
Hiroのおすすめ☆
第61巻 2月4日発売予定!
Mail To

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。